Makino wood works / Yoshiyuki Makino


マキノウッドワークス Makino wood works / MWW

〒509-3505 岐阜県高山市一之宮町クルミ谷7019-5

7019-5 Kurumidani Ichinomiya Takayama Gifu Japan

info@makino-ww.com


Yoshiyuki Makino 牧野 泰之

家具づくりをして20年になります。違法伐採リスクが一割もある輸入材を避け、長年、飛騨高山の原木を扱う家具づくりをしてきました。小物にしか使われていなかった飛騨牛皮革を家具用革として開発したり、トレーサビリティを大切にしたものづくりをしています。現在は、木材が自然に放つ微細な成分を活用する新しい木材活用に取り組んでおり、木で人の自然の力を回復させるようなアレルギーのない住まいの家具を作るため研究・分析・実践をしています。

It has been 20 years since I had been furniture maker. For many years, I have been manufacturing furniture that deals with logs from Hida Takayama, while avoiding imported lumber, which has a risk of illegal logging. I developed Hida beef’s hides, which was used only for small items, as HIDA Leather®, and we are making products that value traceability. Currently, I am working on new utilization of wood that utilizes the fine extractives naturally released by wood, and we are conducting research, analysis and practice to make furniture that improve the natural power of human beings with wood.


Profile

木材微細放散成分研究家 | 木工家 | インテリアコーディネーター

1969年 愛知県豊橋市生まれ 1990年 名古屋大学工学部を卒業(株)INAXに入社。SEとして6年勤め、岐阜高山の木工訓練校に入学。川上博一氏に師事し、その後独立。2001年 マキノ ウッド ワークス(MWW)を設立。2006年 デザイナー カルバン・クライン氏自邸(NY)の家具を製作 納品のため二度渡米(建築家具設計:ジョン・ポーソン)2011年 飛騨高山の原木購入を始める 2013年 地元の飛騨ナラ材を使った家具づくりを開始 2017年 飛騨牛の皮を使用した高級家具用革HIDA Leatherを開発(商標登録 第6001390)家具づくりに使用 2018年 駆除され廃棄されるジビエ皮を家具用革として開発 HLFブランドを立ち上げる 2019年 阿部藏之氏に師事し、木の内科的アプローチに触れる。人が感知できない活きた木材から出る微細放散成分を分析・研究(岐阜県生活技術研究所に分析依頼)家具への応用 2020年 人の身体に良い木材の微細放散物質を活用したCure Furnishing™を始める 木材の微細放散成分を研究する「木の総合学研究所 飛騨高山 キュアウッドラボ CURE WOOD LAB.」設立 アレルギーと住宅を考える会クルミ谷支部設立 高山環境アレルギー対策センター設立

Wood fine extractives researcher | Furniture craftsman | Interior Coordinator

Born in 1969 Toyohashi Aichi pref.Japan. I established Makino wood works in 2001. In 2006 I made furniture of the designer Calvin Klein’s own residence. I went to the NYC twice to deliver. (Architectural Furniture Design: John Pawson) In 2011 I have started to buy region’s logs. In 2013 I started to make furniture with HIDA oak. In 2017 I developed HIDA Leather for high-grade furniture leather with Hida beef’s skin. HIDA Leather is registered trademarks (6001390) of HLF. I made furniture with HIDA Leather® and HIDA oak. In 2018 I developed HIDA Gibier Leather with wild deer and boar hides that have thrown away. I launched a new brand ‘ HLF | HIDA Leather Furniture ‘.  In 2019 I have studied under Mr. Kurayuki Abe about the medical approach to wood. I asked Gifu Prefecture Institute of Human Life Technology for analysis about fine extractives that wood release, human can not perceive. IN 2020 I’ve started “Cure Furnishing™” that something changes human life by using fine extractives that wood release. Established CURE WOOD LAB.™ for studying CURE WOOD™. Established the Kurumidani Branch to think about allergies and architecture. Established Takayama Environment Allergy Countermeasure Center.


Internship

Tobias Friedman
Tobias Friedman
Copenhagen S. Denmark 
INTERNSHIP(  November 2019 ) 
Designed Cure Furnishing pictograms ( 2020 )
CURE WOOD LAB. member ( 2020 )

TOPICS

2018.12 3 岐阜証明材推進制度推進事業者 登録 050214

2018.9.20 「飛騨高山の木と革でつくるトレーサビリティ家具」経営革新計画にて認定

2017.12 8 HIDA Leather 商標登録 6001390


PRESS RELEASE

家具ブランド「Cure Furnishing キュアファニシング」 5/15 スタート

木は天然の薬箱!「木の総合学研究所 飛騨高山 キュアウッドラボ CURE WOOD LAB. 」 5/15 設立


MEDIA

2020. 6.25 中日新聞 飛騨高山キュアウッドラボ  研究所設立 

2020. 6. 3 日刊 木材新聞 木材研究所「キュアウッドラボ」設立 有益成分を特定し家具に活用

2020. 5 28 中部経済新聞 木の放散成分で住まいに新風 新ブランドと研究所立ち上げ 化学特性究明、木材の価値向上

2020. 5.24 岐阜新聞 木の力 暮らしに応用

2019. 1. 5 CONFORT No.166 飛騨牛皮革と飛騨のナラ材でつくる

2018.12. 1 中部経済新聞 家具の新ブランド立ち上げ 飛騨牛の皮と飛騨ナラ材活用

2018.11.23 全国農業新聞 ジビエ革を使った家具誕生

2018. 6.14 日本農業新聞 皮使って、ジビエ家具

2018. 1.15 ホームリビング 飛騨牛の皮を家具用革に

2018. 1. 8 中部経済新聞 飛騨牛家具用革を商標登録

2017.12.15 中日新聞 飛騨牛で開発 家具の革

2017.11.22 日本農業新聞 飛騨牛 皮も一流

2017. 8.22 中部経済新聞 飛騨牛の家具用革を開発

2017. 7.30 岐阜新聞 飛騨牛の革 家具職人が開発

2017. 5.31 日本農業新聞 家具製作に飛騨牛革を