家具とは " 家の道具 " である

どんなに美しい家具も、置かれる空間に合っていなければ意味がない。だから家具をつくる際には、できる限り空間を意識するようにしている。そしてできれば使う人にもお会いするようにしている。空間と使う人を意識して製作した場合とそうでない場合には、少なからず違いが生まれる。スタッフも入れずに全てを一人で行うスタイルをとっているのは、大量生産されるメーカーのものづくりとは一線を画すためである(この考えからすれば、スタッフを抱えた小さな工房は、規模の小さな工業製品を生み出すメーカーと何ら変わらない)。クライアントと空間を意識した者が家具をつくる、それは今後もずっと変わらないマキノウッドワークスの製作スタイルである。
 
Very beautiful furniture is not good unless it fits in space to be placed. So when I make  furniture, I try to conscious of space as much as possible. And if possible I try to see them who use it. There are not a few differences in the case where it is made conscious of the space and the person who uses it, and when it is not so. I take a style what I do everything by myself without staffs because I draw a line between my one to big furniture maker one. Those who are conscious of the client and the space make furniture, that is a manufacturing style of Makino Wood Works which will not change for a long time in the future.
 

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

  愛知県尾張旭市 K様邸 建築設計 悠らり建築事務所

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

  愛知県豊川市 S 様邸 建築設計施工 株式会社 kotori