Gibier Leather

廃棄されるジビエ皮を減らしたい

人の都合で駆除される鹿やイノシシ。ここ飛騨でも多く捕獲され、一部ジビエ肉として利用されています。しかし皮に関しては、全て廃棄されていました。そこで猟師の協力のもと少しでも活用するため、家具用革として開発・利用し始めました。使い込むほどに味わい深くなるベジタブルタンニン鞣しや白鞣しを施し、生きていた証としての自然なシボなどのナチュラルマークを感じられる家具用革です。牛とは異なる特性を活かしつつ、時にワイルドにときに上品に仕上げます。
 
Deer or boar to be exterminated for our convenience. Many wild animals have been captured here in Hida and are used as Gibier’s meat. But with regard to the skin, all was thrown away. So under the cooperation of the hunter we tried to use it even a little, we get the skin that comes out when meat processing is done and developed it as furniture leather. It is furniture leather that you can feel natural mark for vegetable tanning  and white tanning that is peculiar to Himeji. We made wild or elegant one with the diffrence from beef's skin.

困難を極めたイノシシの製革を実現した兵庫県姫路市高木の技術

鹿の皮は剥きやすく、牛皮の製革に倣った工程でスムースに鞣すことができました。一方、鎧と呼ばれる皮を持つイノシシの製革はタンニンが浸透せず失敗の連続。しかし、その工程を見直し、見事に製革を成し遂げた過程に姫路市高木地区の持つ歴史と高い技術がありました
 
Deer skin was easy to peel off, and it was able to smoothly tan in the process following the cow leather. Meanwhile, the tanning of wild boar's skin called armor is a long series of failures. However, in the process of accomplished tannning, there is a history and high technology of Takagi district of Himeji city.

 
ジビエの原皮 鹿とイノシシ
 
イノシシの革
Boar stool ボアスツール イノシシ革のスツール