HIDA Leatherのロゴ
飛騨牛のふるさと

山間にある農業生産法人 藤瀬肉牛農場有限会社。過去に和牛オリンピック(和牛能力共進会)で優勝した牛を輩出した農場。高級食肉用家畜として飼育される飛騨牛は、その丁寧な飼育によりその毛並みも美しい。
 
Fujise HIDA beef farm limited company in agricultural production corporation in the mountain. A farm that produced HIDA beef who won the Wagyu Olympic (Wagyu Capacity Association) in the past. Hida beef raised as livestock for high grade meat is beautiful with its careful care.

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

穏やかな空気が語るもの

生産者の朝は早い。しかも雪が積もる地域ゆえ、冬場の作業は過酷を極める。だが、そこに緊迫した空気はない。なぜなら、牛たちに余計なストレスを与えることは、決してあってはならないからである。人間たちの苦労も知らず、ゆったり、のんびりと飼育されている飛騨牛はその運命(高級食肉用家畜として飼育)を差し引いても、幸せな時を過ごしているように感じる。
 
The HIDA beef producer's morning is early. Moreover, due to the area where snow is piled up, the work in winter is extremely harsh. However, there is no tight air. Because it is impossible to give unnecessary stress to cows in any way. Hida beef who does not know the hardships of human beings and relaxedly and relaxedly feels as if they are having a happy time even if we subtract the fate (breeding as livestock for high grade meat).

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

国内に革のためだけに飼育されている牛はいない

動物愛護の観点から、リアルレザーを使わないようにしようという動きが一部にあるという。だが、世界的に見れば、革大国であるイタリアを除けばそのような牛は存在せず、ここ日本にも全くいない。高級食肉用家畜として飼育されている飛騨牛。その皮は副産物の一つでなのである。大切に飼育され、我々の食となっているものだからこそ、全てを有効活用するのが我々の責任である。大切に飼育されている飛騨牛は皮さえも丁寧に扱われ、プロも認める美しさである。
 
From the viewpoint of animal welfare, there are some movements that try not to use real leather. But, from a global point of view, Italy, a leather country, has cattle kept for leather, but here in Japan it is completely absent. Hida beef raised as livestock for high grade meat. The skin is one of by-products. It is our responsibility to make effective use of everything, as it is carefully raised and our food. Hida beef that has been cherished carefully is treated beautifully even by leather and is a beauty that tanner recognizes.

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

追い求めた革が作られる場所

兵庫県姫路市花田町高木。皮を一枚鞣すのに、1.5tほどの水を使う。良質な地下水に恵まれたこの地域は、平安時代から革産業を脈々と受け継ぐ日本を代表する産地である。フルベジタブルタンニン鞣しを求めてたどり着いたタンナー。家具用といっても使用目的に合わせて革の表情・硬さを変えたいため、少量でも対応できるタンナーが必須であった。効率優先のクロム鞣しが主流の中、ここに辿り着けたのは奇跡に近い。
 
Takagi Hanada Himeji Hyogo pref.  They use about 1.5 t of water to tan a piece of leather. This region blessed with good quality groundwater is a representative producing place of Japan that inherits the leather industry from Heian period in succession. I wanted full vegetable tannin Tannerat last. Even for furniture, I want to change the facial expressions / hardness of leather according to the purpose of use, so tanners that can handle even small amounts were essential. Chrome tanning with priority to efficiency is mainstream, and it is close to a miracle that I arrived here.

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

鈴鹿墨で染める

黒革にもいろいろある。墨のような黒が欲しいと言ったら、本当に墨で染めることになった。様々な墨が存在するが、飛騨牛に合うのは鈴鹿墨。深みのある黒は、HIDA Leatherを代表する色である。
 
Black leather is also various. When I said that I want black like ink, It really was decided to dye with ink. There are various inks, but Suzuka ink is suitable for HIDA Leather. This deep black is the representative color of HIDA Leather.

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

手染めにこだわる

染料で染めれば自然なムラが出ると思っていたが、大きなドラムで機械的に行われるとほとんどムラが出ない。それがプロの仕事だと言われて、技術力の高さに脱帽した。ただし、場合によっては色ムラを残したいこともあるので、そういう場合には最後の仕上げを手染めすることにした。使用している原皮が飛騨牛のものだけなので、染色に関しても安定した結果が出る。他の革が塗装で調色しなければいけないのは、様々な産地の革が混ざっているためである。飛騨牛の皮を使用したHIDA Leatherは国内で唯一、特定のブランド和牛のみを使用した家具用革である。
 
I thought that if I dyed with a dye I thought that natural unevenness would come out, but when done mechanically with a big drum almost no unevenness appeared. I was told that it was a professional job. Hats off  their high technology. However, in some cases it may be desirable to produce color unevenness, so in that case I decided to hand dye the final finish. Since the raw skin being used is only that of Hida beef, stable results are obtained with respect to dyeing. The reason why other leather must be toned by painting is because leather of various origin is mixed. HIDA Leather using Hida beef's skin is the only furniture leather that uses only specific brand Japanese cattles (wagyu) in Japan.
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Delivery case
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フルベジタブルタンニン鞣し + 鈴鹿墨染め 
 
滋賀県草津市 I 様邸 建築設計 高田和政建築設計室

 

フルベジタブルタンニン鞣し + 手染め 
 
愛知県豊川市 S 様邸 建築設計施工 株式会社kotori
 
日本農業新聞取材時の様子