木材の成長は遅い。誰もが知っている事実だが、だから木材を大事にしようという人はあまりいない。自分で原木を買うようになって気づいたのは、山々に囲まれたこの地域でもなかなかいい材料は出てこないこと。だから最近、製作する家具は出来るだけ木材の比率を減らしている。だから、メーカーが椅子を一日に何百脚も製作しているのは全く理解できない。使う人が急激に増えるわけではないので、どこかで廃棄されている椅子があることを意味する。以前の私がそうであったように、多くのメーカーや作り手は製材された板を購入している。だから、その価値がお金との代価として理解されているだけで、その成長サイクルは実感としてないのだと思う。私が革に取り組みだした理由はそのあたりにもある。牛の成長は早く、生後3年ほどで食肉となる。その際には必ず副産物として皮が出る。このサイクルを意識すると、革をもっと活用したいと考えるのが自然だ。今年、家具用材として見向きもされない広葉樹と革でHIDA  Leatherのオリジナルプロダクトの開発を進める。もっと自然のサイクルを意識した家具づくりを目指す。新たに取り組むジビエ革については、いずれ同じ思いを抱いてくれる同業の仲間にも提供できたらと考えている。まだまだやらなければいけないことは山ほどある。

Can we continue using lumbers at the current pace?The growth of wood is slow. It is the fact that everyone knows, so there are not many people who cherish wood product. As I started to buy lumbers on my own, I noticed that very good materials did not come out even in this area surrounded by mountains. So recently, the furniture to be produced reduces the ratio of wood as much as possible. Therefore, I can not understand that manufacturers make hundreds of chiars a day. It means that there are chairs that are discarded somewhere because the number of people who use it does not increase rapidly. As I did before, many manufacturers and craftsmans buys lumbers.Therefore, I think that its value is understood as a price for money and they do not realize that growth cycle. There are also reasons why I started trying leather. Cow grows fast, it becomes meat in about three years after birth. In that case, leather is always served as a byproduct. Considering this cycle, it is natural to think that you want to make more use of leather. This year, we will proceed with the development of original products of HIDA Leather with leather and hardwood which are not considered as furniture materials. It aims to make furniture that considers more natural cycle. For the newly we try to develop gibier’s leather, I will provide it to furniture craftsman who hold the same thoughts. There are still a lot of things I have to do.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA