私たちがつくる家具 キュアファニシングとは

Cure Furnishing

次世代を考える大人のための家具 / 人の自然を回復する住まい・家具(室内環境調整装置)

私たちが使用する木材は、飛騨高山の原木を自ら購入し管理しています。ただ無垢材を使用するだけではなく、無垢材が放つ成分に着目。その成分を分析し、何に適しているか活用を研究するCURE WOOD LAB.の最新の研究成果を活かして、住まいの家具を室内環境調整装置として作っています。

合板は一切使用しません 樹木の自然のチカラを活かします

キッチンなど造作家具も、合板のようなケミカルなものを一切使用しないで製作いたします。水回りに無垢材で大丈夫だろうかと心配する方もいますが、合板で覆って湿気を溜め込む構造ではなく、昔ながらの木造建築のような構造をした家具なので湿気がこもらず安心してお使いいただけます。抗菌成分を保有する木材を内部構造材に使うなど、CURE WOOD LAB.の研究を反映して、最先端木材活用で家具を製作いたします。(内部に合板を使うと、収納物にケミカルなものが付着してしまいます)

なお、新築でキッチンなど造作家具を希望される場合には、建築との協働が必須となるため、建築打ち合わせ時よりご相談いただく必要がありますのでご注意ください。また既存の住宅のリノベーションにも対応可能ですので、お気軽にご相談ください。

今必要なのは、人がゆっくり安らぎ 癒される住まい・家具

環境破壊による地球規模の変化の中で、今私たちに必要なのは安心して過ごせる住まいだと思います。その中でも大きな比重を占める家具には、きちんとしたものを選択する必要があります。無垢材の微細放散成分を活用するCure Furnishingによる家具で、環境に優しく、人の自然を回復する・アレルギーのない住まいを作ります。私たちの家具は、次世代を考える大人のための家具です。

Cure Furnishing見学会、勉強会を定期開催します

木材が原木から製材される様子や製作現場などの見学会、Cure Furnishingで施工した住まいを使っての勉強会を定期開催する予定です。情報をご希望される方は、Cure Furnishing専用サイトより会員登録をお願いいたします。

図面例 | マキノウッドワークス
オーダーメイド デスク&チェア | マキノウッドワークス